訪問診療(在宅医療)をお考えの方へ

訪問診療とは?

「訪問診療」とは、医師が患者さんのお住まいに定期的に伺い、診察、治療、医学的アドバイスなどを行うことです。継続的な健康管理のために、月2回程度の頻度で計画的に訪問するのが基本となっており、体調が悪くなったときだけ伺う「往診」とは異なります。
また、定期の訪問診療に加えて、緊急時、病状の不安定な時などには24時間×365日いつでも対応します。そのときの状態に応じて、臨時で往診する場合もありますし、提携する病院への受診・入院の手配などを行う場合もあります。
訪問診療の目的は、病気の治療だけではありません。転倒や寝たきりの予防、肺炎や褥瘡(床ずれ)などの予防、栄養状態などにも配慮し、患者さんが入院を必要とする状態になることをできるかぎり未然に防ぐことも重要な役割だと考えています。
患者さんが在宅のまま安心して療養生活を続けられるよう、総合的にサポートします。

訪問診療の対象となる方とは・・・

  • 医療機関を受診することができない、もしくは困難な方
  • 介護サービスを受けている方
  • 認知症や寝たきりの方
  • 緩和ケアが必要な方
  • 糖尿病や高血圧などの慢性疾患をお持ちの方。
  • ご家族の介護で手が離せない方

対応疾患について

  • がん・悪性疾患終末期ケア
  • 難病(パーキンソン病など)
  • 認知症 ・脳血管障害
  • 呼吸器疾患
  • 循環器疾患

ご自宅で受けることができる処置

□ 点滴・注射 □ 胃瘻・経鼻経管栄養の管理 □ 在宅中心静脈栄養の管理
□ 在宅酸素療法・在宅人工呼吸器の管理
□ 気管切開カニューレの交換・管理
□ 膀胱留置カテーテルの交換・管理
□ 膀胱瘻の管理 □ 人工肛門の管理
□ 褥瘡治療 □ 胸水・腹水穿刺
□ 医療用麻薬を用いた疼痛緩和ケア 等

ご自宅で受けることができる検査

□ 基本的な体調チェック(血圧、体温、脈拍、血液酸素飽和度など)
□ 血液・尿検査 □ 心電図 □ 超音波検査